ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> ライフスタイルとダンボールの関係

ライフスタイルとダンボールの関係

ダンボールは90%以上古紙から出来ているのはご存知でしたか?

そして、ダンボールを古紙回収業者が回収した後、また新しいダンボールになるのです。

何度も再生され、ダンボールになるには、一人一人の心掛けがとても大切になってきます。

それは、面倒がらずにリサイクルにまわすことが大切です。

古紙がなければ、新しいダンボールを作ることができません。

現在では、インターネットの普及によって、通信販売や宅配製品が多くなっています。

この傾向は今後ますます増えることがあってもけして少なくなることはないでしょう。

その中でもダントツにダンボールの使用量が多いのは、加工食品だと言う統計が出ています。

加工食品は、スーパーや食品店などにおいて使われています。

これも、ライフスタイルの変化に伴い需要が大きくなって来ているこのを物語っています。

その他にも農産物や電気製品・本などの生活用品、工業製品の包装など、色々なところで使用されています。

例えば、洗濯機やテレビ、パソコン・冷蔵庫などの精密家電などは頑丈なダンボールが幾つも使われています。

1つの製品から出るダンボールの量を考えたとき、それをそのまま廃棄処分をしてしまっては、資源のムダになってしまいます。

そして、意外にダンボールを使っていることに。

その使用量は、日本人一人あたりにするとかなりの数になると思われます。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。