ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> リサイクルで環境を守る

リサイクルで環境を守る

古新聞を回収することで再生紙やトイレットペーパーに代わるのは知っていると思います。

しかし、ダンボールは何から出来ているのか?

全て新しいパルプからだと思っている人のほうが多いような気がします。

でも、ダンボールがダンボールから殆ど出来ているのは知っていましたか?

そう、ダンボールは再生され、またダンボールになるのです。

だからこそ、使わなくなったダンボールは回収して欲しいのです。

幾らでも古紙を使うことによって環境破壊を止めることになるのです。

ニュースなどでご存知のかたもいると思います。

アマゾンでは、毎年、日本の国土面積の半分の森林が無くなっている現実。

さらにその半分近くは、草や植物が一切できない砂漠になっているという現実。

ほんの一部に限ると植林はされていますが、木が育つまで幾ら年数が掛かると思いますか。

詳しくない人でも1年やそこらで大木になるとは思っていないと思います。

最低でも100年かかるのが木が発育するスピードです。

しかし、伐採はあっと言う間です。

そして、世界最大の森をもつアマゾンは危機をむかえているのです。

このまま、乱開発を行っていけば、50年後には丸裸の状態になる、とも言われています。

緑はわたし達に必要な酸素を作ってくれます。

もし、緑が無くなってしまえば、月と同じ状態になってしまいます。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。