ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> ダンボール原紙からダンボールができるまで

ダンボール原紙からダンボールができるまで

では最後に、ダンボール原紙からダンボール箱が完成するまでの工程を見てみることにしましょう。

ダンボール工場ではまず、"シングルフェーサ"という機械の表面がギザギザ状の2本のロールの間にダンボール原紙を通して中芯を作り、さらにそれを裏ライナーとなる平らな原紙とのりで貼り合わせて片面ダンボールを作ります。

次に出来上がった片面ダンボールを"ダブルフェーサ"という機械で、表ライナーとなる平らな原紙と貼り合わせて180度の熱で乾燥させます。

しっかり貼り合わさったら、次は"スリッタースコアラ"という機械で1枚ずつに折り目をつけ、カッターで所定の長さに切断してダンボールシートにし、一定の枚数ずつ積み上げていきます。

この工程では、なんと1分間に最高400mというすごいスピードでダンボールシートが作られます。

さて次はいよいよ、ダンボールシートをダンボール箱にする工程です。

ここではまず、ダンボールシートに指定された商品名やイラストなどを入れて印刷し、縦の切り込みを入れて折り目をつけ、最後に"フォールディング"という機械を使ってシート状のダンボールを折り曲げて糊付けしてダンボール箱を完成させます。

缶ビールなどの飲料に使われるダンボール箱や、"N式型"、"底地獄型"、"ワンタッチ型"、"キャラメル型"といった複雑な形状のダンボール箱の場合は、印刷の後に"型抜き"加工を行いますが、この時点で出た切れ端は捨てられずにすべて製紙工場に持ち込まれてリサイクルされています。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。