ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> 紙の原料"古紙パルプ"

紙の原料"古紙パルプ"

回収されたダンボールや雑誌などの古紙は、水や薬品で溶かされてパルプが取り出され、再び新しい紙の原料となりますが、この際に取りだされたパルプは"古紙パルプ"と呼ばれます。

この"古紙パルプ"の原料となる"古紙"は、さまざまなところから回収されています。

私たちにとって最も身近な場所である"家庭" から出たダンボールや読み終えた新聞・雑誌は、チリ紙交換を行う古紙回収業者や、子供会、学校、町内会、地方自治体、新聞販売店などによって回収されて古紙問屋に持ち込まれ、その対価は町内会から各マンションの管理組合に支払われたり、学校や子供会に支払われたりしています。

また商店街やオフィス街、駅なども重要な古紙の回収先ですが、さらに多くの回収量が期待できるのは、デパートやスーパー、印刷会社、製本工場、出版社、新聞社、それにダンボール工場や、紙器を製造する工場などで、これらの場所から回収される古紙の量は家庭などとは比べ物にならないほど多いと言われます。

古紙問屋に集められた大量の古紙は、選別されて大型プレス機で約1トンの直方体にプレスされ"古紙ヤード"と呼ばれる古紙置場に保管されます。

そして製紙メーカーから古紙の購入があった時点で、各地の古紙ヤードからプレスされた古紙が運ばれ、ダンボールはダンボールや紙筒などに、雑誌はダンボールや絵本などに、新聞はダンボールや新聞、印刷用紙などに、そして紙パックやコピーの排紙はトイレットペーパーやティッシュペーパーの原料として使われます。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。