ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> 古紙は何に生まれ変わる?

古紙は何に生まれ変わる?

古いダンボールはリサイクルによって新しいダンボールへと生まれ変わりますが、新聞古紙や雑誌古紙についてはどうでしょうか?

これらについてもダンボールと同様にリサイクルが行なわれ、様々な紙製品へと生まれ変わります。

古紙は一般家庭以外にもスーパーやコンビニ、デパートなどのお店、出版社、新聞社、段ボール工場、企業やその他の工場などからも大量に回収されますが、これらは全て同じように新しい紙製品を作る原料に使われるのです。

例えば、雑誌古紙は洗剤や菓子などの紙箱や板紙へと利用される他、ダンボールを作る原料の一部にも利用されます。

新聞古紙については新しい新聞の原料となる他、その他の古紙と共に本や雑誌、コピー用紙にも利用されます。

スーパーマーケットなどで回収されている牛乳パックについては、トイレットペーパーやティッシュペーパーの原料になります。

人によっては、リサイクルに回せる古紙をゴミ箱に捨て、可燃ごみとして出してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、資源ごみとして出すのはそう大した手間でもないはずです。

資源は有効に活用して、リサイクルの輪を広げていきましょう。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。