ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> 古紙を有効活用(2)

古紙を有効活用(2)

古紙の有効活用についてですが、古新聞の場合ではどうでしょうか?新聞を購読されているお宅では、1ヶ月分ほど溜めてから資源ごみに出しているケースが多いようです。

しかし、どうせ溜まるものであれば、有効活用してエコロジーや節約に貢献したいところですよね。

新聞に使われているインクには油分があり、ワックスと同じような効果が得られます。

そのため、軽く水で濡らした古新聞を窓拭きに使うとピカピカになり、汚れも付きにくくなります。

黒い靴を磨く際にも新聞紙を使うと良いですよ。

また、新聞紙を洋服ダンスの引き出しに敷いて使っている光景を見たことがある方も多いと思いますが、それにはちゃんと根拠があります。

新聞に使われているインクには防虫・防カビ作用があり、大切な衣類を害虫から守ってくれるのです。

ただし、服にインクが付く可能性があるので、新聞紙の上にシートのような物を敷いてから使うようにしましょう。

この他、新聞紙は他の紙と違って防水加工がされていないので、水分をよく吸い取る働きがあります。

濡れた靴の中に丸めた新聞紙を入れると、乾きが早くなりますよ。

防虫・防カビ効果もあるので、靴箱に敷いて使うのもおすすめです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。