ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> 和紙とは

和紙とは

和紙とは、日本で古くから伝わる紙のことであり、西洋から伝わってきた洋紙に対して用いられる言葉です。

洋紙よりも繊維が長く、丈夫であるというメリットがある他、洋紙にはない独特な風合いが持ち味です。

伝統的な製法としては「流し漉き」がありますが、最近では「機械漉き」による製造も行なわれています。

一口に和紙と言っても、原料の違いから「麻紙」「穀紙」「斐紙」「檀紙」といった種類があります。

「麻紙」は最も古い歴史を持つ紙で、大麻や苧麻を原料としたものです。

大部分は麻布を細かく刻んだりすり潰したりして作られていましたが、手間も時間もかかるため、時代が進むにつれて麻紙よりも量産に向く「穀紙」の方が普及し、浸透していきました。

「穀紙」は梶の木の若い枝から作られた紙です。

「斐紙」は雁皮を原料とした紙で、繊維が短く光沢があり「鳥の子紙」とも呼ばれています。

「檀紙」は弓を作る原料でもある壇から作られており、厚手で美しい白が魅力の紙で「みちのくのまゆみ紙」とも呼ばれています。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。