ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> ダンボールの構造

ダンボールの構造

ダンボールは紙から出来ていますが、その構造はなかなか興味深いものがあります。

というのも、ただ1枚の紙から出来ているわけではなく外面・内面・中芯という3層構造になっているからです。

まず、ダンボールの外面を覆っている紙、これを「表ライナー」と言います。

色が付いていたり、ロゴや文字などが描かれていたりするダンボールの場合には、この表ライナーに印刷が施されていることになります。

一方、ダンボールの内面に当たる紙、これは「裏ライナー」です。

ダンボールの中に入っている物と直接接する部分ですから、あまり印刷は施さないのが通常ですが、通信販売で用いられる箱などお客様向けのダンボールには敢えてここに色を付けたり、文字を入れたりすることでインパクトを持たせていることもあります。

それから、表ライナーと裏ライナーに挟まれている部分、これは「中芯」です。

波状に加工されていて、ダンボールに強度を与える効果があり「板紙」と呼ばれることもあります。

なお、ダンボールを箱状に加工する前(折り目を付ける前)の状態の物は「ダンボールシート」と言い、本来の意味におけるダンボールはこのダンボールシートのことです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。