ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> ダンボールの再生を通して環境を考える

ダンボールの再生を通して環境を考える

ダンボールが繰り返し回収されて、その都度再生されて使用されるという技術は、それまで気軽に物を使い捨ててきた風習とは打って変わったものとなりました。

ダンボールに限らず、新聞や雑誌などの他の紙媒体や、ペットボトル、アルミ缶や瓶なども、繰り返しリサイクルすることが求められる世の中となりました。

物を無駄にせず、大切に使うということももちろん大切なことですが、それと同時に自分たちが生きて住んでいる環境を守っていくということも意識する必要があります。

特にダンボールは優れた回収率を誇っていますが、古紙ダンボールだけではなく、パルプを混ぜて、新しいダンボールを生産するときもあります。

そういったときには、あらかじめ紙製品を作るために植えられた木を使っているということが多く、パルプが含まれているからといって必ずしも自然な森林を破壊しているということではない場合もあります。

できるかぎり環境を守りながら、製品作りを続けていくということが、ダンボール作りでも行われているのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。