ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> 改めて考える古紙リサイクルの利点

改めて考える古紙リサイクルの利点

紙製品を作る際に、古紙をリサイクルして利用するということで、考えられる最も大きなメリットは、森林を伐採する機会を減らすことによって、森林を保護することにつながるということです。

次に考えられる場面は、使用した紙を普通の燃えるゴミとして捨ててしまうか、資源ゴミとしてリサイクルのために回収してもらうかということです。

燃えるゴミとして紙を出せば、ほかのゴミと一緒に焼却して灰の形にして処分することになるのですが、資源ゴミとして古紙リサイクルに回せば、焼却するためのエネルギーを節約することになり、処分しなければならないゴミを減らすことにつながります。

あと意外とあまり知られていないことですが、パルプから紙を作ることと、古紙リサイクルによって紙を作ることとは、出来上がりは同じような紙製品であっても、同じ工程ではありません。

パルプから紙製品を作る工程のほうが古紙をリサイクルするときよりもより多くの工程を必要としますので、古紙を使うほうが、紙製品生産の際のエネルギーも減らすことができるのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。