ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> 古紙の種類と色について

古紙の種類と色について

古紙には、ダンボール以外にも、新聞や雑誌、上級古紙と呼ばれるものまでさまざまな種類のものがあり、回収されるときには、それぞれ分けて集められます。

この中でダンボールへと再生されるのは、ダンボール古紙や雑誌古紙などになります。

新聞もダンボールと同様で、また生まれ変わるときには新聞になる古紙となります。

上級古紙と呼ばれる古紙はほかの古紙とは少し違っていて、印刷のための用紙など比較的きれいな状態を求められる紙に生まれ変わりますが、この上級古紙はまだまだ古紙としての配合率は低いものになります。

いずれの紙も元々は真っ白ではありませんので、白い紙を作るためには、漂白して白くする必要がありますが、真っ白な紙を使わなければいけない場面というものは、そう多くはないと思います。

紙本来の色を活かした製品もよく見かけるようになってきました。

あまり白い紙にこだわらず、紙製品を選ぶときには、古紙からできている再生紙の製品を選ぶように心がけたいものです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。