ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> ダンボールはどこで作られているのか?

ダンボールはどこで作られているのか?

ダンボールは、ダンボールを加工する工場で作られていますが、その工程は幾つかのものに分かれています。

まずは、ダンボールのパーツとなるライナーや中芯を作る工程があり、出来上がったライナーや中芯が運ばれて、それが貼り合わされてダンボールの形状に作り上げていく工程があります。

これらの工程ごとに別の会社が作っている場合と、工程ごとに敷地だけを分けて同じ会社が作っている場合とがあります。

前者は小規模なダンボール会社、後者は大規模なダンボール会社があることが多いようです。

また、ダンボールのパーツを組み合わせて作るのは、箱型のダンボールだけではなく、輸送時のクッションとなるダンボールやダンボール小物などを作る会社もあります。

ダンボールが作られていく工程では、それぞれに専用の機械や設備などを整える必要がありますので、持ち合わせている機械や設備に合わせて、大きくて頑丈なダンボールを作る会社、小口の注文に応じられる会社といったように、特色を持っていることが多いのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。