ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> 製紙リサイクルに適さないもの

製紙リサイクルに適さないもの

資源回収では、ダンボール以外にも、新聞や雑誌、紙パックなどが一緒に出されていることが多いと思われます。

これらは種類によって、違う製品に生まれ変わるものですから、まずは種類ごとにしっかりと分けるという習慣が大切です。

さらにリサイクルできないものは混ぜない、可能な限り取り除くという配慮ができれば、リサイクルを心がけるうえでより完璧となります。

製紙のリサイクルの原料から除かなければいけないものは、ダイレクトメールなどでよく見かける窓付きの封筒の窓の透明部分です。

焼却できるという但し書きがされている窓付き封筒も時々見かけるようになりましたが、そうではない場合には、リサイクルの際、取り除くことが必要です。

紙製品ならなんでもリサイクル可能というわけではなく、写真や感熱紙、カーボン紙などの特殊な紙はリサイクルには適さないものとなっています。

また、防水加工された紙やワックスが塗られている紙など、何らかの加工がされている紙もリサイクルには適さない紙となります。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。