ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> リサイクルできる種類

リサイクルできる種類

リサイクルすることができるダンボールには幾つかの種類があり、それぞれに特徴を持っています。

たとえばミカンなどを直接入れることができるダンボールは、外装用ダンボールと呼ばれるもので、このダンボールのまま、輸送などにも充分耐えられるものとなっています。

外装用ダンボールは外側にきれいな色が付いていることが多くなっています。

それとは逆にシンプルなダンボールの茶色のみであるのが、内装用ダンボールになり、小物を包んだり、輸送の際のクッションの役目をしていたりするダンボールになります。

これらは用途によるダンボールの種類ですが、ダンボールの厚みなどによる種類もあります。

まず片面ダンボールは、ライナーと中芯が1枚ずつ貼り合わさったもので、柔らかく、クルクルと巻くことができるほどのダンボールです。

一般的にダンボールと呼ばれる箱の厚みとして多いのは、中芯を真ん中にしてライナーが表と裏のそれぞれに貼り合わさっている、両面ダンボールです。

この両面ダンボールに薄めの片面ダンボールが貼り合わさっていて、強度を増しているのは、複両面ダンボールになります。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。