ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボールのリサイクル >> ダンボールリサイクルの現状

ダンボールリサイクルの現状

ダンボールは、リサイクルできる数々の物の中でも特にリサイクル率が高いことで知られていて、リサイクルの優等生であるといわれるほどです。

日常のさまざまな場面で見かけることができるダンボールは、使用された後、その95パーセントが回収されて、リサイクル工場でまた新しいダンボールへと生まれ変わっているのです。

ダンボールはその回収率の高さだけではなく、回収後のリサイクルの流れも充分に整っているといえますので、そこから古紙ダンボールを90パーセント以上も使用して、新しいダンボールを作りだすことができるのです。

リサイクルの過程では、回収されたダンボールがまた新しいダンボールになるまでにコストがかかり過ぎないことが理想的であるとされています。

ダンボールは原料のほとんどがリサイクルされたダンボールであり、紙成分ですので、水に溶かしていくだけで、すぐに繊維状となり、手間をかけずに新たなダンボールの原料とすることができる優れ物です。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。