ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> そもそもダンボールとは?

そもそもダンボールとは?

普段、何気なく使っているダンボールですが、そもそもダンボールとはどのようなものを指しているのでしょうか?

段々とした波が付いている+ボール紙の言葉が合わさって、ダンボールと呼ばれるようになったもので、この段々とした波形がダンボールの象徴ともいえるのです。

ダンボールはこの波形部分を中芯にして、ライナーと呼ばれる板状のボール紙を貼り合わせることで、丈夫な構造にし、使いやすくしているのです。

このダンボールの中芯の波形は加工して作ることができ、加工の際には、厚みを変えてバリエーションを持たせることもできるのです。

たとえば中芯の波形の厚みが太いものは、丈夫なダンボールとなりますので、重いものや大きなものなどを入れることに向いているものとなります。

波形を重ねることによって、さらにダンボールの頑丈さを増すことも可能ですし、その逆に波形の厚みを薄くして、軽いものや小さなものを入れるダンボールにすることもできます。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。