ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> ダンボール何から出来てるの?について

ダンボール何から出来てるの?について

ダンボール何から出来てるの?について

使った資源を可能な限り再利用することが必要になっているのです。

ダンボールは受注製品ながら短納期で大量生産ができるので、高速自動包装ラインによる商品の梱包が可能となり、生産性が向上するのです。

ダンボールの原料のほとんどが、使用済みの紙から出来ているのです。

ダンボールは他の紙製品に比べて、この故紙が非常に多く含まれているのです。

利用された段ボールは再度回収され、再び段ボールとなって使用される事が出来ます。

 再生は7回くらいまで使用可能といわれているのです。

新聞・ダンボールなどの古紙を主原料をして、型により成形し、発泡スチロールに変わる緩衝材として利用されているのです。

鶏卵・農産物等のトレイとしても使われてきているのです。

紙箱の価格は、形式、寸法、印刷の有無、箔押し、表面加工、ロット、また抜型が必要な場合は抜型代などすべての要素を明確にしなければ適正な価格を算出することができないようです。

1995年に制定された容器包装リサイクル法においても、段ボールはすでに独自のリサイクルシステムが確立されていると認められ、再商品化義務は免除されているのです。

底面のテープ貼りが不要なダンボールなのです。

上フタも差し込み式で、ロック付きですので安心だと思います。

差込んで封をするため再封性があり、テープなどの使用料を大幅に減らすことが出来る箱の形状となっているようです。

ダンボールはまさに地球環境の優等生と言えるのです。

段ボールの主原料である原紙は、木材資源=天然資源をベースにつくられているのです。

素早く簡単に組み立てる事が出来ますので、梱包作業の効率化につながるのです。

印籠の形にも似ているので、印籠箱と呼ぶこともあるようです。

機密性が高く、高級品に用いられるようです。

型抜きタイプなのです。

しかも、段ボール原紙は段ボールを古紙として再利用することで、数回も段ボールの材料として使われているのです。

段ボールは波型に成型した中芯と呼ばれる原紙に糊をつけ、裏・表ライナーと貼り合わせするのですが、そのときの糊もコンスターチを用いるのです。

すなわち、段ボール自身は天然素材からできているわけなのです。

ダンボールの原料をのりで固めてあるだけなのです。

水に弱いようです。

箱の中に品物の個室ができます。

傷つき防止の時などに利用するのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。