ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> 産業界とダンボール

産業界とダンボール

ダンボール何から出来てるの? 産業界

現在では全ての工程がコンピューターによる一元管理により製造されるようになり、物流を中心に産業界では、今や段ボールは内装用・外装用を問わず、 画期的な包装材として欠かせない存在となっているのです。

ダンボールは、リサイクルの代表選手なのです。

昔から高度なリサイクルシステムが整っているため回収率は9割を超え、資源の有効活用がはかられているようです。

ダンボールは軽量でありながら構造体としての強さと衝撃吸収性に優れているのです。

反面、限度以上の強い力が加わると段がつぶれ、構造体としての機能を十分に発揮しなくなるので、ダンボールの製造、包装設計にあたってはこれらの機能を十分に生かす工夫が必要になっているのです。

地球環境の保全が増々クローズアップされている中で、 ダンボールの存在意識も高まっているのです。

段の山のことをフルートというのです。

衝撃の吸収と、圧力に対する強度を高める役割をしているのです。

また、フルートに貼り付けられている紙のことをライナというのです。

このふたつの組み合わせにより、ダンボールは出来ているのです。

ダンボールは、生分解性を持った天然素材で製造されているため、万一捨てられても土中で分解され土に戻るようです。

ダンボールの構造上の種類は一般的には3種類に分類されるのです。

現在、世界中で環境破壊が大きな社会問題となっているのです。

これは、私達人間が自分たちの豊かさのために今まで環境を犠牲にしてきたからに他ならないのです。

私たちの未来にとって、地球環境を守ることはとても大切なことなのです。

ダンボールは、外部の衝撃から商品を守る優れた緩衝性と内容品の紛失や異物混入を防止する機密性があるため、目的地まで商品を安全に届けることができるようです。

これからは自然によりやさしい環境保全型経済を目指していかなくてはならないのです。

二重であるという緩衝性能の高さから、故意に材質を落としてダブルダンボールを使用する場合もあるのです。

潰れを利用して内容物の保護を計る場合など、箱はただ強ければ中身を保護するとはいいきれない場面もあるのです。

では、物づくりの立場からは、限りある資源を どのようにして守っていかなければならないかと思います。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。