ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> 木箱とダンボール

木箱とダンボール

ダンボール何から出来てるの? 木箱

ダンボールとは外装用のパルプを使ったライナーと中芯用のライナーから成り立っているのです。

ダンボールを使う特性としては、中身の商品の保護が主な目的ですが、保管や管理をするにも紙器は適しているようです。

フタを差込んで封をするため、4隅の再封性があり、ヤッコ型と比べ、強度があるのです。

2面はダンボールが折り返されているため上差込より中身が内容物に触れるリスクは回避できるのです。

初期の段ボールは、シルクハット帽を被る時の汗とりとして作られたのです。

波状に折ったボール紙を帽子の中に入れて汗とりに使ったようです。

ダンボールの実用性が産業界、特に物流の分野で注目され始めているのです。

当初は内装用として使われていた段ボールですが1894年になると外装用、木箱等にとってかわる輸送容器としても使われ始めているのです。

最初は蓋、胴、底と分かれたスリーピース型で、後に現在のような折り畳み式に進化を遂げていったのです。

エコという観点から考えると紙器はリサイクル性にも優れているのでこれからの地球環境を考えると紙器は優秀なのではないかと思います。

フタを差込んで封をするため、テープ等の使用を減らすことが出来る形状なのです。

N式に比べ、箱の枠が出来上がってるので、組み立てが簡単なのです。

その後、小型だった製造機械は徐々に大型化し、より速く、より良質な製品を量産できるようになっているのです。

また、ダンボールに印刷する技術の開発も同時に進められ、輸送容器という目的の他に、広告としての目的をも持つようになっているのです。

ダンボールシートは罫線を入れ折り曲げる際に段山の高さに応じて寸法余裕を加算するのです。

そうする事により、希望する正確な内寸法が得られるようです。

内寸法が与えられ設計することを展開すると言うのです。

展開の要領は内寸法長さ、幅、深さの3寸法を使用する段種によって得らるのです。

ダンボールを構造する段の種類は、一般にAフルート、Bフルート、Wフルートの3種類があり、30cm当たりの段の数によって規定され、各々特性に応じて使い分けられているのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。