ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> 箱としてのダンボール

箱としてのダンボール

ダンボール何から出来てるの? 箱自体

リメイクに必要な物は、何を作りたいかにもよってくるようです。

ダンボールの原料は、ほとんどが使用済みの紙から出来ているようです。

書籍、CDなどの厚みがないものの梱包やメール便などに使われるのです。

オーダーメイドであっても型がいらないので、初期費用が抑えられるのです。

みかん箱では強度が足りず製造の難しい、高さ50cm以下の箱が製造可能になっているのです。

組立てた時、4隅に隙間が出来るため、箱自体の強度は弱くなります。

ダンボールは他の紙製品と比較すると、故紙が非常に多く含まれているようです。

使用済みダンボールはリサイクルによって回収され、再びダンボールの原料に生まれ変わるようです。

フタが閉まる範囲内で高さを自由に調整できるタイプとなっているのです。

底が二重になって角にもガード部があるので、緩衝性にもすぐれているのです。

本などの発送に最適なのです。

側面にはロゴマークのほか、社名などの文字も印刷できるようになっているのです。

お客様に荷物が届いた時点でお店の第一印象を決めるのがダンボール。

お店の顔とでも言うべき大事な存在なのです。

例えば、引き出しや収納ケースなど、箱の形を生かしたリメイクを目的とするならば、そのままでは味気ないようですので、多くの人が、綺麗な布やカッティングシート、包装紙などでリメイクしているのです。

ポスターやカレンダーを丸めて入れられる筒状の箱なのです。

ポスターばかりではなく、細長いものなら何でも使用できるのです。

主に細くて長いものを梱包するのに使われる箱の形状となっているのです。

品物に対して丸め込むように梱包し、サイドのフラップを折込み固定する。

要はクルクルと巻き込むものなのです。

スターやビン・棒状のものなどによく使われる形状となっているのす。

筒になった状態でも、筒になっていないシート展開状態でも対応致するのです。

型抜きが不要なため、低価格で製作できるのです。

ここでは3層と2層強化ダンボールを使って、商品を作っているようです。

これらは、私達がよく目にする一般ダンボールとは、かけ離れた特性を持っているようです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。