ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> 印刷と紙製品

印刷と紙製品

ダンボール何から出来てるの? 印刷

印刷に使う印版の代金はダンボール箱の代金と比べると、どうしても桁が1~2つ高くなってしまうようです。

通常のダンボールはこの色です。

紙の素材の色となっているのです。

ずばり材料代分だけコストを抑えることが出来るので、材料を多く使う大きな箱で効果があるといわれているのです。

ある程度コンスタントに箱が出荷するようになれば、その印版代への出費も気にならないところなのですが、数十箱の小ロットの箱で印刷をしたい場合はどうしても気になるところではないかと思うのです。

ダンボールの原紙は、大きく分けてライナーとフルートとにわけることができるようです。

色彩感覚を豊かにし、販売促進グッズや商品を作る時に役立てるようにしてください。

ダンボールを貼り合わせてコーナー部分をつくるとき、フルートの小口を見せる場合はそのまま貼りあわせればよいと思うのですが、見せない場合にはちょっと工夫が必要になっているようです。

引っ越しに使うダンボール箱はひとつふたつではないようですから、ダンボールを新品で必要個数そろえようとすれば結構な金額になるのです。

色の世界には、カラーサークル という概念があるようです。

カラーサークルは光学 として研究、発見がなされてまだ 100 年ちょっとしか経っていないと言われているようです。

ダンボールとは、その物ズバリで、ダンはギザギザの波型のこととなっているのです。

フルートに貼り付けられている紙のことをライナーというようです。

ダンボールの原料のほとんどは古紙で他の製紙業で使用する漂白剤は使用しないことが多いようですので、茶色になることが多いのです。

ダンボールは、ライナーとフルートの組み合わせにより出来ているのです。

買うと高いダンボールも、捨てるとなると処分料が必要な場合もあるようです。

市場出荷などで使用する化粧箱などに色をつける場合でも、原紙そのものに着色することもあるのですが、防水効果のため顔料を使用することが多いのです。

ダンボールは、基本的に1枚の波のように成型された部分を芯として、それを2枚の紙で挟んで作られるようです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。