ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> 新聞紙と古紙とダンボール

新聞紙と古紙とダンボール

ダンボール何から出来てるの? 新聞紙

リサイクル推進シンボルが表示されたダンボールは、ダンボール原紙の主原料として国際的にリサイクルすることが可能となっているようです。

ダンボール箱の中に隙間があると、運搬中に中の荷物が動いてしまうのです。

壊れやすいものが入っていると、大変なことになってしまうのです。

隙間がある場合には、クッション代わりに新聞紙などを丸めて入れておくようにしましょう。

ロゴのワンポイントシールやステッカーであるだけで十分オリジナルダンボールとなると思うのです。

赤っぽかったり黄色っぽかったりするようです。

大きいダンボール箱には軽いものを入れて、小さいダンボールには重たいものを入れるようにしましょう。

大きいダンボール箱に重いものを入れてしまうと、運ぶ時に大変なのです。

ロゴや社名の印刷をする場合によく利用されるようです。

外側は白色ですが、内側は通常のクラフト色となっているのです。

一般的には赤みが強い方が強度のあるダンボールだったりするようですが、どっちにしても太陽に長期間当てたりするとどんどん退色していくようです。

写真は左がちょっと赤いもの、右がちょっと黄色いものとなっているのです。

差があるといってもこの程度となっているのです。

ダンボール箱の中に物を詰めすぎると、箱が変形したり、破損する可能性があるようです。

ダンボール箱を重ねることができなくなる場合もあるのです。

ダンボールのボール紙もガムテープのクラフト紙も、予算的にもっとも安いのがあの色なのです。

つまり紙の原料を漂白もせず着色もせずにつくるとああいう原料のままの色になるわけです。

古いダンボール箱を使う場合は、すでに貼ってあるガムテープを剥がして、新しく貼り直すようにしましょう。

テープの粘着力が弱くなっている可能性があるのです。

ただ、白いダンボールはクラフト色のものよりも弱いので、大きいもの、重いものを入れる場合には、あまりお勧めできないようです。

材質だけでコストを落とそうと考えた場合、大きな箱では効果があるようですが小さな箱ではあまりコストダウンの効果がないのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。