ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> リサイクルダンボールとして再生

リサイクルダンボールとして再生

ダンボール何から出来てるの? 再生

みかんの箱や、引越しの際に使用するダンボールで、最もスタンダードなタイプなのです。

利用されたダンボールは再度回収され、再びダンボールとなって使用される事が出来るようです。

再生は7回くらいまで使用可能といわれているようです。

ダンボールにはガムテープ、宅配便の伝票、ホッチキスなど必ずはずしておくようにしてください。

キャラメル箱、ケーキ屋の箱などでおなじみ、フタを差し込むタイプのダンボールなのです。

底がワンタッチのものが主流となっているのです。

また、表面がコーティングされている物は可燃ゴミですので一緒には出せないようです。

1995年に制定された容器包装リサイクル法においても、ダンボールはすでに独自のリサイクルシステムが確立されていると認められ、再商品化義務は免除されているようです。

お弁当箱のような、フタと本体がセパレートのタイプとなっているのです。

主に、贈答用の商品を入れるのに使用されているのです。

ダンボールはまさに地球環境の優等生と言えるようです。

リサイクルダンボールは、使用したダンボールを回収して再資源化する古紙のダンボールではなく、一回使ったダンボールをそのまま使うものとなっているのです。

段ボール箱にはいろいろな形式がありますが、サイズや用途によって箱の種類が変わるのです。

箱を作るにあたってどのような形式が適しているのか目安にするようにしましょう。

したがって、商品とは関係のないロゴが印刷されていたり、シールが貼ってあったりするとのことです。

店名が印刷されているテープを貼ることで、店の商品とわかりやすいようにするようです。

ダンボール箱には、部屋ごとにあるものを入れるようにしましょう。

色々な部屋にあるものを箱詰めしてしまうと、開けた時に大変なのです。

また、一度に色々な部屋で箱詰めをすると、スペースが足りなくなって足の踏み場もなくなるので注意するようにしましょう。

ダンボールリサイクル協議会は、さらなるダンボールのリサイクルを促進することを目的に、ダンボールのリサイクル推進シンボル運用ガイドラインを作成しているようです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。