ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> 原料となる木と古紙

原料となる木と古紙

ダンボール何から出来てるの? 木

最近の引越業者では、ダンボールではなく、繰り返し使える食器を入れるコンポや洋服をハンガーのままかけて運ぶコンポがあり、資源が無駄にならずに大変良いものだと思います。

蓋を折り込むことで段ボール箱だけでも組み立てられるが、ガムテープ、クラフトテープ、OPPテープなどの粘着テープを使うことが多いようです。

機械などの重量物を入れる場合は、接着剤を使い、さらに金具またはバンドで固定するのです。

木を育てて、使って、また育てることにより森は再生を繰り返すのです。

板紙の原料となる木材は、適切に管理されている森の資源のみを利用しているのです。

また使われる木材も、間伐された木、細い木や曲がった木、板や柱をとった残りの木、家などに一度使われた古い木などで、木材を無駄にしないよう有効活用しているのです。

段ボール原紙はライナーと中芯に大別されるようです。

両方とも最初はロール紙の形をとっており、それをコルゲータにかけることによって両者を貼り合わせ、段ボールとなっているのです。

段ボールの原料になる木材は、光合成によってCO2を吸収することで成長するのです。

たとえ燃やされたとしても、大気中のCO2を増加させないクリーンな包装材なのです。

100%再生可能な天然素材で、使い終わった段ボールはリサイクルされているのですが、万が一リサイクルされずに放置された場合でも、最後は土に還るのです。

紙の原料は木材なのです。

この木材を供給する森林が急速に減っているようです。

このままでは森林資源も底をつきてしまい、地球温暖化なども懸念されているのです。

ダンボールシートは、基本的に1枚の波を打たせた紙を芯として、それを2枚の紙で挟んで作られます。

このシートを用途によって使い分けながら、ダンボールが製造されるのです。

古紙をリサイクルすればその分木材の消費を減らすことができ、森林資源を守ることにつながるのです。

また、木材からパルプを作ってから紙を作る場合に比べると、電気や石油エネルギーの消費を節約できるのです。

底面に貼るテープはI字型で十分の強度なのです。

H字型に貼る必要はないのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。