ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> ダンボールなど紙製品のタイプ

ダンボールなど紙製品のタイプ

ダンボール何から出来てるの? タイプ

蓋と身が分かれている弁当箱のようなタイプなのです。

ギフト箱によく使われているようです。

高さの低いものに使われます。

組み立て式は抜き型を使うのです。

抜き型を使用しない場合は、針金や文化鋲で固定するのです。

大別すると一般ダンボールと特殊ダンボールに分類され、前者はお馴染みダンボール箱で、後者は耐水・撥水、鮮度保持、防錆、導電性、断熱などの効果・特性をもつものなどが存在するようです。

普通の段ボールが3枚の紙から構成されるのとは異なり、片面段ボールはまっすぐのライナと段々のついた中芯だけで構成され、段方向と同じ方に自由に巻きつけることができるのです。

巻き段ボールなどとも呼ばれることもあるのです。

結果としてダンボールには流れ目方向によるタテとヨコの区別があるようです。

貼りあわせてつくるコーナーの方法と、折り曲げてつくる方法のどちらが良いかは、製作の目的によって使い分けることになっているようです。

蓋を差し込むタイプの箱なのです。

内箱などの小さい箱や、高さの低い箱に使われることが多いのです。

キャラメル式やサック式もB式なのです。

型抜きタイプが多いようですが、型なしタイプもできるようです。

段がまさに緩衝材となって、簡易な緩衝シートとして使用される事が多く、また、段々の面を表にして少し風変わりなパッケージに利用されることもあるのです。

ダンボールの原料は、ほとんどが使用済みの紙から出来ているのです。

ダンボールは他の紙製品と比較すると、故紙が非常に多く含まれているのです。

使用済みダンボールはリサイクルによって回収され、再びダンボールの原料に生まれ変わるのです。

再生は約7回まで可能といわれているのです。

高さの低いものをいれるときに使うのです。

包み込むようにして中身を入れるのです。

パネルやカタログの発送などに使うのです。

巻き込み式は奴式の中に入る部分がない形式なのです。

巻き込むようにして梱包するのです。

ベランダ式とも呼ぶのです。

製造途中に発生するダンボールクズや不要なダンボールはすべて回収し、機械によって圧縮され原紙メーカーに送られリサイクルされているのです。

ダンボールは地球にやさしく、リサイクルの優等生となっているのです。

板やパイプなど、厚さの50mm以上で幅の長いものをいれるのに使うのです。

巻き込む形式なので、容易に梱包でき、3か所テープを貼るようになっているのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。