ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> ダンボールなど紙製品の材質

ダンボールなど紙製品の材質

ダンボール何から出来てるの? 材質

段ボールの材質も色々あり,弱いものからC5、K5、K6、K7が一般的とされるのです。

各ダンボールシート屋さんによって違っていたり、また各紙の強度が増してくると軽い紙でも良いだろうとシート屋さんに判断され、使用紙が変わってくるからなのです。

厚みは型抜きするものはBFとマイクロフルートと呼ばれるEF、FFGFなどあり、後者になるほど美粧性がありますが弱いようです。

材質を選ぶのは難しいのですが下記のページなどネット上の資料を参考に
ダンボールの材質
また仕様用途に合わせて考えるのが良いのではないでしょうか。

BFとEFが一般的となっているようです。

型抜きのないものはAFかBFが一般的なのです。

片面段ボールにオフセットで印刷したコートボールなどを一枚づつ合紙するようです。

印刷精度はオフセット並に高く、お酒の箱、化粧品パッケージ、食品パッケージなど少し小さめの美装ケースに最適だと思うのです。

また、小ロットでの対応も可能です。

A段とB段を貼り合わせた二重の5枚構造のダンボール複両面ダンボールもあり、これをダブルフルートW/Fと呼んでいるようです。

一般的なダンボールとなっています。

置き場所の問題で、在庫容積がA/Fの 約二分の一になるために使用されたり、小さい箱に使用されることがあるのです。

段ボールには、表ライナ、中芯ライナ、裏ライナ、に、ランクがあり、それによって強度が変わるのです。

クラフト段ボールは、素材の強度が主にライナ5種類、中芯ライナも主に5種類の材質があるのです、組み合わせにより多種多様な強度の段ボール箱を製造出来るのです。

また、1.5mmのE/Fよりやや安価なため、E/FをB/Fにする場合もあるのです。

みかんの箱や、引越しの際に使用するダンボールで、最もスタンダードなタイプとなっているようです。

クラフト段ボール箱の生産率が高い要因なのです。

よって、強度を要求する場合はクラフト材質の材料選択になるのです。

キャラメル箱、ケーキ屋の箱などでおなじみ、フタを差し込むタイプのダンボールです。

底がワンタッチのものが主流となっているようです。

梱包のための補強や、仕切、ガラス製品や板状のものを梱包するために段ボール板が便利になっているのです。

また、パネルや看板、POP材料、工作材料など、いろいろな分野でも幅広く使われているのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。