ダンボール何から出来てるの?トップ >> ダンボール何から出来てるの? >> ダンボール何から出来てるの?

ダンボール何から出来てるの?

ダンボール何から出来てるの? 

ダンボールの原紙は、大きく分けてライナーとフルートとにわけることができるようです。

段ボールは、表用原紙、中芯用原紙、裏用原紙3つの原紙で構成されるのです。

フルートとは、段の山のこと言い、その役目は衝撃の吸収と圧力に対する強度を高める働きをしているようです。

ダンボールは、ライナーとフルートの組み合わせにより出来ているようです。

3枚、または5枚の原紙をのりで貼って段ボールシートをつくる行程なのです。

この段ボールシートを作る機械をコルゲートマシーンというのです。

買うと高いダンボールも、捨てるとなると処分料が必要な場合もあるようです。

ダンボールを下さいといえば逆に喜ばれるかもしれないと思います。

ダンボール製造機にダンボールシートを数十枚ずつセットしていくのです。

ボールとはボードのなまった表現と言われているようです。

ダンボールとは、表と裏にライナーと呼ぶ強靭な板紙を使用し、真中に波形に成型した中芯という板紙を貼り合わせた厚みのある構造になっているようです。

印刷がある場合は、ゴム版で1色ずつ順番に印刷をしていくのです。

無料でダンボールをもらうときには、しっかりと見積もり金額にダンボールの金額が入っていれば、引いてもらうことを確認しておくようにしてください。

ダンボールシートを箱の形にするために糊付けをして貼り合わせ、折り目を付けていくのです。

在庫している規格品のダンボールケースは一般的な形式のものとなっているのです。

ダンボールを横から見たときにナミナミした模様を表と裏から挟んでいる紙の部分をライナーと呼ぶそうです。

Cは古紙が多く含まれ、Kはバージンパルプが多く含まれた材質となっているのです。

段ボール箱は、主として輸送包装に使用されるため、輸送・保管中に起こる様々な障害から商品を保護することを第一として、段ボールの持つ特性を十分把握した上で包装設計を行わなければならないのです。

ダンボールは、包装する上での素材として最も加工しやすいタイプですし、工場での加工ですから、ほとんどの形状は作れるのです。

ダンボール何から出来てるの?へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。